Flow家づくりの流れ

理想の住宅を創り上げる
5つのステップ

ほとんどの方にとって、家づくりは初めての経験です。そこで、ここではどういったプロセスを経て住宅が完成へと向かっていくのか、またどの段階で、どの程度の費用が必要になるのか、といった全体的な流れについてご紹介します。


1

1ご相談~プラン作成

北美建の家づくりは、まずお客さまのご希望やライフスタイルをお伺いすることから始まります。また併せて「北美建が考える家づくり」についてもお話しして、理解を深めていただいております。

プランは「平面プラン」「資金プラン」「暖房プラン」の3つを作成してご提案します。ご要望やご不明な点があれば妥協することなく、何なりとお申し付けください。お見積もりは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

プラン作成・お見積り 無料

2

2ご契約~申請書類作成

各プランおよびお見積もりの内容をご承諾いただけましたら、正式な契約となります。工事請負契約書等、各種の書類を作成すると同時に工事スケジュールなど、実際の施工に向けた準備を整えていきます。書類作成についても北美建がサポートしますのでご安心ください。

なお、この時点で申し受ける「申し込み金」は、最終的な工事代金に含まれる形となり、金額についてはお客さまの状況に応じて、個々にご相談のうえ決めております。

お申し込み金金額の目安は50~100万円 工事代金に含まれます

3

3着工~住宅建築

契約が無事に締結されましたら、いよいよ着工です。北美建では、基礎部分など目に見えない場所の施工こそ丁寧に永く安心して暮らせる家づくりを行っています。お客さまご自身でもぜひ、時間が許す限り建築現場に足を運び、施工状況をご確認ください。

この段階では、住宅ローンなどお客さま個々の状況に応じて「着工金」または「中間金」を申し受けております。詳細は、お客さまとご相談のうえ、決定しております。

着工金または中間金住宅ローンなどお客さま個々の状況に応じてお支払い額を調整

4

4上棟~完了検査

各種工事を終えたら、建物の末永い無事を願う竣工式を行います。併せて当社で完了検査を行いますが、もし何か気になる点などありましたら、遠慮なくお申し付けください。北美建が目指すのは、ただ住宅をつくることではなく、お客さまに「いい家ができた!」と喜んでもらうことなのです。

また住宅のお引き渡し前に、工事代金から「申し込み金」と「着工金・中間金」を差し引いた残額「清算金」を申し受けます。

清算金工事代金から「申し込み金」と「着工金・中間金」を差し引いた額です

5

5お引き渡し

全ての施工作業やお支払いが完了しましたら、いよいよお引き渡しとなります。住宅の規模やプランの内容にもよりますが、おおむね工事着工から完成までの期間は2~3ヵ月が目安です。

北美建にとって、住宅を引き渡した後のお客さまは親戚のような存在。何かございましたら、お気軽にご連絡ください。すぐにお宅に伺います。OB会のイベントも開催しておりますので、ぜひご参加ください。

(OB会の詳細はこちら)

CONTACTお問い合わせ・資料請求

もっと見る

open houseオープンハウス情報
オープンハウス情報