小樽・札幌の新築注文住宅 北美建TOP > オーナーインタビュー

オーナーインタビュー

北美建は本当に信頼できるのか?北美建の仕事ぶりはどうなのか?
そういった点をご理解頂くのに、北美建で住宅を建てたお客さまの話に勝るものはありません。
そこで、平成11年に北美建で住宅を新築された小樽市のWさまに、当時の経緯や感想をお聞きしました。

年配の方にも優しい、工夫の詰まったバリアフリーの家

Wさまご自宅
平成11年に建てられたWさまご自宅

  • 以前の家が手狭になったので増築の相談に行こうと思ったちょうどその時、道路拡張で立ち退きという連絡が回ってきたんですよ。
  • と、当時を振り返るWさま。新しい住宅作りは、市の都市計画という意図しない形で始まりました。
  • 家族は、おばあちゃんに私たち夫婦、そして子供が2人。新しい家は、おばあちゃんのことを考えてとにかくバリアフリーにしたい、とだけ思っていました。
  • 家に上がる階段を少なくして、スロープも付けて、家の中はトイレもお風呂も全て段差がないようフラットな状態にして欲しい、と北美建の社長に伝えましたね。
  • 奥さまが病院で看護助手をする専門家だったこともあり、その他にも楽に玄関に上がれるよう椅子を付けたい、お風呂に入る時、一度腰をかけられるよう浴槽を浅く、また縁の広いものにしたい、といった細かなご要望も。
    そして北美建は、年配の方でも快適に暮らせるようこれらのご要望にプラスαで応えます。

縁の広いWさま宅の浴槽
年配の方でも楽に入れるよう、淵の広い浴槽を手配

  • 玄関は最初、今とは別の場所で考えていたのですが、坂の位置関係から「すごく急な階段になってしまう」と指摘して頂いて、今の場所になりました。素人の私たちにはそこまで気付かなかったですね。
  • 希望された玄関の椅子も、回転式のものだとお年寄りは手を付いた際に重心を崩して転んでしまうため、北美建は椅子付きの下駄箱を用意。
    その他にも当時主流の浴槽よりも縁の幅が広いものを手配したり、トイレの手すりを固定ではなく、伸縮するものにしたりと、小さな工夫を重ねていきました。
  • おばあちゃんは足腰が悪くて、杖をついて足も上がらないんだけど、家の中はどこにでも行ける。これはバリアフリーの効果だと思っています。

床暖房がなくても、真冬を素足で過ごせる快適さ

Wさまの奥さま

  • Wさまがもう1つこの家の良さとして挙げるのが、暖房の効き目です。
    「この家のなかは、どこにいても同じような温度なんですよ」とWさまが話すと、奥さまから「床を触ってみて」と声がかかりました。
    お話を伺ったのは、寒さが増してきた11月中旬。しかし床からは冷たさではなく、ほんのり丁度いい温もりが感じられます。
  • これだけ暖かいのに、床暖房は入っていないの。真冬でも素足で過ごせますよ。
  • 実は北美建にとって、暖房の暖かさや燃費の良さというのはこだわりのポイント。
    しっかりと断熱材を施工し、配管の配置なども上手く利用することで、暖房コストを抑えながら暖かな住宅を実現させているのです。

信頼を積み重ね、親戚のような関係へ

Wさま

  • 新しい家はバリアフリーにしたい、というご要望を持っていたWさまですが、それ以外の部分については事前にイメージが掴めなかった、とも振り返ります。
  • 過去に北美建が建てた住宅を何棟か見せてもらったり、札幌の住宅展示場に行ったりしたけれど、特に展示場の家は生活感のない別荘のような感じで、何件も見ていたら訳が分からなくなってしまって。
  • 展示場を見てきて得られたのは、こんな階段がいいね、クローゼットがいいね、っていうヒントぐらいですね。
  • ただ、そんなイメージが掴めない状況でも、Wさまご夫婦には揺るがない安心感がありました。
  • とにかく北美建にお任せすればちゃんとなるな、という気持ちがありました。お父さんも私も仕事で遅くなってしまうので、本当に全部お任せになってしまったのですが、ちゃんと写真を持って見せに来てくれたり、不安はなかったですね。
  • 一方、北美建の今北にとってもWさまのお宅には学ぶ点が多々あったと振り返ります。
  • 当時バリアフリーの考え方はまだそれほど浸透していませんでしたし、細かな要望を聞いて「なるほど」と感心しました。親が子供を育てながら自分も成長していくように、私たちもお客さまとのやりとりのなかで成長させてもらっていると思っています。

Wさまご夫婦と代表今北

  • そして最後に、Wさまご夫婦から見た北美建の評価をお聞きしました。
  • 北美建は、いつでもなんでも叶えてくれる。そしてこの家が建って12年。普通なら「さようなら」となってしまって、どこか壊れた時には自分で業者さんを探して頼むという感じだと思うのですが、北美建は全然違う。
    仕事上の付き合いじゃない感じになるというか。
  • うちは家を建ててからは親戚なんです。
  • 社長が商売やっている限り、私からの仕事はお願いするでしょうし、過去に数人この家を見せて北美建を薦めたことがあったのですが、今後も紹介したいと思っています。
  • 宜しくお願いします(笑)。
  • (笑)。

その時、北美建はこう考えた。Wさまからのご相談を受け、住宅を作った北美建の代表今北は、その時どう考えていたのか。北美建が考え、創り出すものについて合わせてご覧ください。

北美建へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0134-52-0031 午前9時~午後5時(木・日休)
お問い合わせフォーム
お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る